@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日野草城【ひのそうじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日野草城
ひのそうじょう
[生]1901.7.18. 東京
[没]1956.1.29. 池田
俳人。本名,克修 (よしのぶ) 。第三高等学校を経て 1924年京都大学法科卒業。在学中すでに『ホトトギス雑詠欄の巻頭を占め,24年同誌課題句の選者となり,第1句集花氷』 (1927) で地位確立。以後俳句近代化の機運に応じ 35年俳誌『旗艦』を創刊無季を許容して『ホトトギス』を離脱し,新興俳句運動の有力メンバーとなった。ほかに句集『青芝』 (32) ,『転轍 (てんてつ) 集』 (38) ,『草城三百六十句』 (55) ,『銀 (しろがね) 』 (56) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひの‐そうじょう〔‐サウジヤウ〕【日野草城】
[1901~1956]俳人。東京の生まれ。本名、克修(よしのぶ)。新興俳句運動の中心として無季を主張連作を実践した。句集「花氷」「青芝」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

日野草城 ひの-そうじょう
1901-1956 大正-昭和時代の俳人。
明治34年7月18日生まれ。昭和2年の句集「花氷」でみとめられ,4年「ホトトギス」同人。10年「旗艦」を創刊,無季新興俳句運動をすすめ,翌年「ホトトギス」を除名される。戦後は「青玄」を創刊,主宰した。昭和31年1月29日死去。54歳。東京出身。京都帝大卒。本名は克修(よしのぶ)。句集に「青芝」「人生の午後」など。
【格言など】朝顔やおもひを遂げしごとしぼむ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ひのそうじょう【日野草城】
1901‐56(明治34‐昭和31)
俳人。東京生れ。本名克修(よしのぶ)。1918年,17歳で《ホトトギス》雑詠に入選。三高在学中,京大三高俳句会を結成,また鈴鹿野風呂すずかのぶろ)らと《京鹿子》を創刊した。21年,20歳で《ホトトギス》巻頭を占め,早熟の華麗な詩才を謳(うた)われた。24年京大法学部卒。27年には第1句集《花氷(はなごおり)》を上梓,その句風は〈わび〉的俳句概念を払拭した才気煥発,清新瀟洒なモダニズムで,昭和俳句の先駆的役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひのそうじょう【日野草城】
1901~1956 俳人。東京生まれ。本名、克修よしのぶ。京大卒。「旗艦」を創刊して「ホトトギス」を離反、自由主義の立場から無季俳句・連作俳句の新興運動を実践した。句集「花氷」「人生の午後」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日野草城
ひのそうじょう
(1901―1956)
俳人。東京生まれ。1917年(大正6)高浜虚子(きょし)の句に接して句作を始め、18年8月『ホトトギス』雑詠入選、24年『ホトトギス』課題句選者に、29年(昭和4)『ホトトギス』同人になる。この間第三高等学校、京都帝国大学法学部を卒業、27年には句集『花氷(はなごおり)』を刊行した。35年『旗艦(きかん)』創刊、新興俳句運動の最左翼にたち、俳句近代化を図り、翌年『ホトトギス』同人を除名された。新興俳句弾圧の嵐(あらし)のなかで41年『旗艦』指導者の地位を去る。戦災、戦後の苦労を経て49年(昭和24)『青玄(せいげん)』創刊。病苦のなかで清明な句をつくった。句集に『青芝』(1932)、『昨日の花』(1935)、『人生の午後』(1953)、『銀』(1956)など。代表句「高熱の鶴(つる)青空に漂(ただよ)へり」「見えぬ眼(め)の方の眼鏡の玉も拭(ふ)く」など。[平井照敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひの‐そうじょう【日野草城】
俳人。本名克修(よしのぶ)。東京出身。京都帝国大学卒。大正末期、清新モダンな句風で「ホトトギス」に登場。のち「旗艦」を主宰し、新興俳句運動の指導的立場で活躍。第二次大戦後「青玄」を創刊し、沈潜した句風に転じた。句集「花氷」「昨日の花」「人生の午後」など。明治三四~昭和三一年(一九〇一‐五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野草城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日野草城の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓マラソンレース白金劉 邦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation