@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日銀当座預金【にちぎんとうざよきん】

デジタル大辞泉

にちぎん‐とうざよきん〔‐タウザヨキン〕【日銀当座預金】
金融機関が日本銀行に保有している当座預金。他の金融機関・日銀・国との取引の決済手段、個人や企業に支払う現金通貨の支払い準備としての役割があり、日銀当座預金残高準備預金制度で義務付けられた準備預金としてカウントされる。
[補説]日銀が平成13年(2001)3月から実施した量的緩和政策では、日銀当座預金残高を主な操作目標として金融調節が行われた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日銀当座預金
にちぎんとうざよきん
銀行や証券会社などが日本銀行に設けている当座預金口座に預けている、原則として無利息の預金。金融機関どうしや日銀との資金決済のほか、金融機関から企業や個人への支払いのために利用される。日銀当座預金の残高水準は金融市場にどの程度のマネーが出回っているかの目安となる。日銀が2001年(平成13)から導入した量的緩和政策では、当座預金残高を指標とした。
 日銀当座預金には、銀行、証券会社のほか、外国銀行、信用金庫、農林中央金庫などの協同組織金融機関、政府系金融機関、短資会社など500を超える金融機関が口座をもつ。民間銀行などが預金の引出しに備え、預金の一定割合を日銀に預けておくよう義務づけた法定準備預金も日銀当座預金に含まれる。
 日銀は手形や国債を金融機関と売買する公開市場操作を通じて、金融市場の資金量を調節している。実際に資金供給する場合、当座預金口座に振り込まれるが、金融機関は当座預金の余った資金を、利子のつく短期金融市場などで運用する。この結果、当座預金に供給されたマネーは短期金融市場から金融機関を経由し、企業や個人などの実体経済へ出回ることになる。
 日銀は正常時の当座預金残高を5兆円程度と説明しており、量的緩和に踏み切った際には35兆円超まで残高を積み上げたことがある。2008年の世界金融危機以降、当座預金残高は10~21兆円で推移している。なお、日銀は世界金融危機対策の一環で、2008年11月から、積立義務額(法定準備預金)を超える預金には、政策金利と同水準の金利をつける補完当座預金制度を導入した。短期金利が低下して政策目標の金利が下がりすぎるのを防ぎ、金融市場を安定させるねらいである。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日銀当座預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日銀当座預金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation