@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日陰の蔓【ヒカゲノカズラ】

デジタル大辞泉

ひかげ‐の‐かずら〔‐かづら〕【日陰の×蔓/日陰の×鬘】
ヒカゲノカズラ科の常緑多年生の蔓性(つるせい)のシダ。山野に生え、茎は地をはい、針状の葉がうろこ状につく。茎から細い枝が直立し、長さ約5センチの黄色い胞子嚢(ほうしのう)の穂をつける。胞子石松子(せきしょうし)といい、薬用などにする。きつねのたすき。かみだすき。てんぐのたすき。
新嘗祭(しんじょうさい)大嘗祭(だいじょうさい)などの神事に、巾子(こじ)の根もとに1をつけたもの。のちには青糸や白糸を組んで作ったものも用いるようになった。かずらがけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひかげ【日陰】 の 蔓(かずら)
大嘗会などの祭礼奉仕の物忌(ものいみ)のしるしとして冠に掛け垂らす、白糸または青糸などを組んで作ったもの。古くは植物のヒカゲノカズラをそのまま用いた。日陰の糸。日陰の組緒。《季・冬》 〔儀式(872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日陰の蔓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日陰の蔓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation