@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旧中山道

デジタル大辞泉プラス

旧中山道
東京から大宮高崎を経て長野岐阜を通り、滋賀草津東海道に合流する道路。“中山道”は「なかせんどう」と読み、かつては“中仙道”の表記もあった。江戸時代に五街道と呼ばれた主要な街道のひとつ。軽井沢手前の碓氷峠は東海道の箱根と並ぶ難所で、関所も置かれていた。「日本の道百選」(建設省)に選定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧中山道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旧中山道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation