@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旧司法試験【キュウシホウシケン】

デジタル大辞泉

きゅう‐しほうしけん〔キウシハフシケン〕【旧司法試験】
司法試験のうち、新司法試験が平成18年(2006)に導入されて以降の、従来試験通称。平成23年(2011)を最後に廃止された。
[補説]極めて倍率の高い試験であり、法曹を目指すが何度も挑戦しては失敗することなどが問題化していた。この弊害の解消と法曹人口の増員を目的に、法科大学院が設置され、新司法試験が導入された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧司法試験」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旧司法試験の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation