@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旧林崎文庫【きゅうはやしざきぶんこ】

国指定史跡ガイド

きゅうはやしざきぶんこ【旧林崎文庫】

三重県伊勢市宇治今在家町にある学問所跡。鼓ヶ岳(つづみがたけ)の東麓、背後が傾斜地の小高い場所に位置し、1686年(貞享3)に宇治会合所の大年寄らが外宮(げくう)の豊宮崎(とよみやざき)文庫にならって創立したもので、翌年に文庫を丸山の地に設けて内宮(ないくう)文庫と称した。次いで1690年(元禄3)に土地が低い丸山から北隣の林崎に移転し、以来、林崎文庫と呼ばれた。この文庫を高名にしているのはその蔵書であり、村井古巌(こがん)の寄贈書をはじめとして諸家の寄付によるものが多く、貴重な書物が残されている。天明年間(1781~89年)と文政年間(1818~30年)に整備拡張され、敷地の改修や建物の修繕が行われたが、明治維新後は廃されて、建物や蔵書は伊勢神宮に献納された。石段を上がって表門を入ると正面左に平屋建ての講堂、右に書庫があり、敷地には1865年(元治2)に建立された柴野栗山(りつざん)の撰文による林崎文庫記の碑、1827年(文政10)に建立された本居宣長(もとおりのりなが)撰文の林崎ふみくらの詞の碑などがある。こうした一連の遺構遺物は往時の形態をそのまま留め、教育・学芸史上価値ある遺跡であることから、1954年(昭和29)に国の史跡に指定された。JR参宮線ほか伊勢市駅から三重交通バス「内宮前」下車、徒歩約2分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

旧林崎文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旧林崎文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation