@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旧約聖書【きゅうやくせいしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旧約聖書
きゅうやくせいしょ
Vetus Testamentum; Old Testament
ラテン語の testamentumは契約,つまり神と人類との約束の意。ヘブライ語の berîth,ギリシア語の diathēkēに相当する。旧約聖書は本来ユダヤ教聖典であり,正式の名は『律法,預言書と諸書』 tôrāh nebî'îm ketûbîm。キリスト教でも新約聖書とともに正典とされている。「旧約」の名はキリスト教の立場からの名称であり,『コリント人への第2の手紙』3章 14にみえるが,2世紀末頃から新約区別するために用いられるようになった。旧約聖書の原典であるヘブライ語正典 (24巻,現行 39書,一部はアラム語で書かれている) の最終的決定は1世紀末頃とされている。この 24巻は律法 (モーセ五書といわれる創世記,出エジプト記,レビ記,民数記,申命記) ,預言書,諸書の3部に大別され,さらに預言書は前の預言書 (ヨシュア記,士師記,サムエル記,列王紀) とあとの預言書 (イザヤ,エレミヤ,エゼキエル,12小預言書) とに分れる。諸書はギリシア語では hagiographaと呼ばれたもので,これは三詩歌書あるいは真理 (詩篇箴言ヨブ記) ,巻物 (雅歌,ルツ記,哀歌,伝道の書,エステル記) と残り (ダニエル書,エズラ記,ネヘミア記,歴代志) の3部に分れる。この配列順序はユダヤのマソラ学派 (500~900年代) の手によって定められたものであり,ある程度七十人訳旧約聖書に準じる現代語訳 39書のそれとは異なっている。旧約聖書の内容は相互に密接に連関する歴史と教訓より成る。選民イスラエルの歴史はアブラハムの召命に始り,モーセの出エジプト,律法の賦与,イスラエル民族によるパレスチナの征服,近隣民族との戦い,サウルとダビデによる王国の建設,南王国の滅亡 (587) を経て,バビロン捕囚後の祭司国家の発足にいたる約 2000年の歴史であるが,そこでは神とイスラエル民族の契約,神の救いというテーマが一貫して追求されている。それゆえ宗教的教訓の第1のものは創造主にして全知全能の唯一神についての教えであり,モーセの十戒には神の言葉として「汝,われのほかに何者をも神とすべからず」と述べられている (出エジプト記 20・2~3) 。旧約の特色はこのように現実の歴史のなかにこの神との契約,神による審判と救いが生きて実現することを認めることにあり,さまざまな文学上の形式や多彩な資料の背後には,いわば預言者的史観ともいうべき態度が存するといえよう。そしてこの預言者的史観が新約への道を開いているのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうやくせいしょ〔キウヤクセイシヨ〕【旧約聖書】
《旧約とは、神がモーセを通して人類に与えた契約の意》新約聖書とともにキリスト教の聖典。ユダヤ教の聖典を新約に先立つものとしてキリスト教会が採用した。律法(モーセ五書)・預言書・諸書(詩篇・箴言など)から成る。旧約全書。→新約聖書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

旧約聖書
ユダヤ教とキリスト教の正典。イスラム教でも、その一部(モーセ五書、詩篇)が啓典とされている。その大部分はヘブライ語で記述されている。内容は、「律法」と呼ばれる祭儀行動規範の書としての側面と、神の世界創造やイスラエルの興廃を中心とする歴史や将来の救済を予告する預言書の二つの側面を持ち合わせている。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうやくせいしょ【旧約聖書 Old Testament】
旧約聖書という名称は,ユダヤ教の正典を自己の正典の一部としたキリスト教における名称である。キリスト教会は,福音書使徒書簡などを,キリストによる新しい救いの契約の書,すなわち新約聖書としてまとめるようになると,2世紀末ころからユダヤ教の聖書を,イエス・キリストを預言した古い契約の書,すなわち旧約聖書と名づけて,両者の区別をはかった。福音書記者やパウロなどはまだ〈旧約聖書〉なる名称を知らず,これを指すときには,単に聖書と記している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうやくせいしょ【旧約聖書】
ユダヤ教の正典を自己の正典の一部としたキリスト教における名称。のちに福音書や使徒書簡を神との新しい契約(新約)の書としてまとめたのに対し、当初から保持していたユダヤ教の文書をキリストの出現を預言した古い契約の書とみなしたことからの名。ヘブライ語で書かれ(ただし、キリスト教徒が使用したのはそのギリシャ語訳である七十人訳)、律法・預言・諸書の三部三九巻からなる。天地創造物語・十戒や祭儀の規定・詩編・箴言しんげんを含み、イスラエル民族の歴史が神による選びと救済の歴史として描かれる。旧約。旧約全書。 → 新約聖書

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうやくせいしょ キウヤク‥【旧約聖書】
紀元前に、約千年にわたって書かれたイスラエル‐ユダ文献の集成。ユダヤ教の聖典であり、キリスト教では、「新約聖書」とともに正典とされている。ヘブライ語で書かれ、律法・預言・諸書の三部三九巻から成る。全体として、神ヤハウエが選民イスラエルをいかに導き教育したかを示す。旧約全書。旧約。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

旧約聖書
きゅうやくせいしょ
Old Testament
ユダヤ教の経典
前10〜前1世紀の間にヘブライ語で書かれた。現行の『旧約聖書』は39書からなり,5書・歴史・文学・預言書に分けられる。このうち特に「創世記」から「申命記」までを「モーセ五書」という。その後,キリスト教でも経典として受け入れられ,その経典=『新約聖書』に対比して『旧約聖書』と呼ばれる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旧約聖書
きゅうやくせいしょ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧約聖書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旧約聖書の関連情報

関連キーワード

シュタウファー新約聖書ネストレブルガーター訳聖書

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation