@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旧訳【クヤク】

デジタル大辞泉

く‐やく【旧訳】
仏語。一般に、唐の玄奘(げんじょう)以前に漢された仏典鳩摩羅什(くまらじゅう)真諦(しんだい)のものが代表的。→新訳2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゅう‐やく〔キウ‐〕【旧訳】
以前の翻訳。昔の翻訳。⇔新訳
くやく(旧訳)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐やく キウ‥【旧訳】
〘名〙
① 昔の翻訳。以前の翻訳。⇔新訳
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「哲学上の語の如きは、旧訳の人意に満たざるもの極めて多し」
② 玄奘(げんじょう)三蔵以前の仏典の漢訳。仏教では、ふつう「くやく」という。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「天台妙文句に、鞞羅(へいら)といふ、蓋(けだし)旧訳(キウヤク)の畧ならん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く‐やく【旧訳】
〘名〙 (「く」は「旧」の呉音) 仏語。一般には、中国唐初の僧玄奘(げんじょう)以前に漢訳された仏典をいう。ただし、古くは西晉以前を旧経、後秦の羅什以後を新経といった。⇔新訳
※今昔(1120頃か)七「新訳の経は猶、文詞甚だ美也と云へども、義理淡く薄し。然れば汝猶旧訳(くやく)の経を可持し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旧訳
くやく
新訳」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧訳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旧訳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation