@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【シ】

デジタル大辞泉

し【旨】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]むね うまい
考えの内容。意向。むね。「主旨趣旨宗旨聖旨宣旨(せんじ)同旨本旨来旨要旨論旨
うまい。「旨酒
[名のり]よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むね【旨/宗】
中心となるもの。また、重要なもの。「安全を―とする」
(旨)述べたことの中心。趣旨。趣意。「辞退する―を伝える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し【旨】
〘名〙
① 文章や話で述べようとしている内容。趣旨。
※雑談集(1305)一「此の法門意得は、天台一宗悉く旨を得る也」 〔易経‐繋辞下〕
② 君のおぼしめし。君の命令。上意。
※随筆・独寝(1724頃)上「姚文公翰林になりて、旨(し)を承りて玉堂に宴をもふけられしに」 〔漢書‐孔光伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むね【旨】
〘名〙 ものごとの意味・内容。趣意。趣旨。
※源氏(1001‐14頃)蛍「いひもて行けば、一つむねにあたりて」
※不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「この旨(ムネ)を用取するときは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation