@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

早場米【はやばまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

早場米
はやばまい
その地方の最早期に播種田植え,収穫をできるだけ早期に行なって栽培される米。食糧難の時代に食いつなぎを早める目的で早米と称し奨励金が米価に加算されたことによる。一般的には北海道,北,北陸山陰地方に産する刈取り時期の早い米をいうが,農林水産省統計情報部では上記地帯から山陰を除く地帯の米をいっている。代表的なのはホウネンワセ,越路早生などである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやばまい【早場米】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はやばまい【早場米】
一般の新米に先がけて収穫・出荷される米。 ⇔ 遅場米おそばまい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

早場米
はやばまい
秋早く出荷される米。昔からほかよりも早く米がとれ、出荷される地域が決まっており、その地域を早場という。たとえば利根(とね)川下流沿岸地帯は秋の洪水を避けるために、富山・石川・福井地方は秋の長雨のこないうちに米を収穫する早場で、9月には新米が出荷される。東北地方や北陸地方では全般に米の収穫は早く、これらの地方から早く出荷される米も早場米といい、また、その他の地域でも、早く出荷する目的で早稲(わせ)品種を作付けして早期出荷する米を早場米とよぶ。早場米は端境期の需給操作に役だつ。一般に早場米は含有水分が多い軟質米で食味はよいが、貯蔵性はよくない。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はやば‐まい【早場米】
〘名〙 収穫期が早く、秋のはじめに市場に出回る米。北陸、関東地方などの産米。⇔遅場米

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はやば‐まい【早場米】
早場から、秋早くに出荷される新米。⇔遅場米(おそばまい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早場米」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早場米の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation