@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

早川徳次【はやかわとくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

早川徳次
はやかわとくじ
[生]1893.11.3. 東京
[没]1980.6.24. 大阪
経営者。家電メーカー,シャープの創業者。2歳で養子に出され,極貧のうちに育ち,学校も小学2年で退学。9歳で飾り職人の丁稚となり,18歳で独立。その金属細工の技術をいかし,1915年に開発・製造した早川式繰出鉛筆(→シャープペンシル)で事業の基礎を固めたが,1923年の関東大震災に被災し,工場は壊滅妻子を失った。1924年大阪に移り早川金属工業研究所を設立,金属加工のかたわらラジオの研究に従事し,1925年のラジオ放送開始に合わせ小型鉱石ラジオを発売し好評を得る。第2次世界大戦後の 1951年にはテレビ受像機(→テレビジョン)の試作に成功,1953年の放映開始に合わせ量産化を始めた。さらに 1959年には洗濯機や冷蔵庫など家電製品を製造する総合電化工場を設立し,今日の基礎を築いた。また,1962年には電子レンジ,1963年には太陽電池,1964年には世界初のオールトランジスタの電子式卓上計算機と,独創的な商品の開発でも実績を上げた。貧しかった幼少期の苦労と震災で妻子を失った体験から,第2次世界大戦中には傷痍軍人のための工場を設立し,社長を退任し会長となった 1970年には障害者が働くことができる工場を設立するなど,福祉活動に力を注いだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典

早川徳次
1893〜1980(明治26年〜昭和55年)【実業家】シャープペンシルを発明。 丁稚から身を起こして、シャープ創業者に。大正・昭和期の実業家。東京都出身。貧困のために小学校2年で中退、丁稚奉公後、1912年(大正元)独特のベルトのバックル徳尾錠を発明して独立。1916年(大正5)早川式繰出鉛筆(シャープペンシル)を発明し成功した。関東大震災で工場が壊滅、妻子も失う。1924年大阪に早川金属工業研究所(現在シャープ)を設立し、日本でいち早くラジオ受信機、テレビ受像機の試作に成功して社業を伸ばし、その後も太陽電池、卓上計算機などを開発。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやかわとくじ【早川徳次】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

早川徳次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早川徳次の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール黒田清輝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation