@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

早池峰神楽【はやちねかぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

早池峰神楽
はやちねかぐら
岩手県早池峰山山伏修験者)が伝えてきた神楽。今日では花巻市大迫の大償(おおつぐない)と(たけ)の二つの集落で受け継がれている。大償の神楽は大償神社の奉納神楽,岳の神楽は早池峰神社の奉納神楽となっており,1月2日(大償)と 3日(岳)の舞始めから始まり,それぞれの神社の例祭などで舞われる。両者は舞の種類に違いがあり,山の神の面が大償は阿形で岳は吽形であることから,阿吽の対をなしているともいわれる。だが,舞の構成はほぼ同じで,神楽の最初に舞われる式舞,神話に基づく神舞,荒々しい動作で舞う荒舞,「鞍馬天狗)」や「曽我兄弟」「鐘巻(道成寺)」などの物語を舞う座舞,観客とのおどけたやりとりもある狂言,神楽の最後に獅子権現)が災い調伏と人々の安泰を祈る権現舞からなる。1976年国の重要無形民俗文化財に指定。2009年,世界無形遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はやちね‐かぐら【早池峰神楽】
岩手県花巻市にある早池峰山のふもと、大償(おおつぐない)と岳(たけ)に伝わる山伏神楽総称。それぞれ早池峰大償神楽早池峰岳神楽といい、早池峰山の修験者によって伝えられたといわれる。国指定の重要無形民俗文化財。また、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

早池峰神楽
岩手県花巻市に伝わる民俗芸能。大償(おおつぐない)、岳(たけ)の二地区に伝わる神楽で、それぞれ大償神社、早池峰神社に奉納される。かつては早池峰山の山伏により演じられた。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2009年、ユネスコの無形文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやちねかぐら【早池峰神楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

早池峰神楽
はやちねかぐら

岩手県花巻(はなまき)市大迫(おおはさま)町内川目(うちかわめ)の大償(おおつぐない)と岳(たけ)の両集落に伝わる山伏神楽の総称。それぞれ大償神楽、岳神楽ともいう。8月1日の早池峰神社の例祭その他に行われる。早池峰の修験(しゅげん)者によって伝えられたといわれ、昭和初期までは冬季に近郷近在を巡回して演じた。神社に伝わる文禄(ぶんろく)4年(1595)の銘をもつ獅子頭(ししがしら)や、大償の長享(ちょうきょう)2年(1488)の文書などから、室町時代以前にこの地へ伝承したと思われる。大償と岳の神楽は阿吽(あうん)一体の関係にあるとされ、そのことを物語るように両者の「山の神」の面は阿吽の形をとっている。祭礼には神社の舞殿で演じられるが、民家の場合には二間四方に注連縄(しめなわ)を巡らし、奥に幕を張った板の間を舞台とする。太鼓1名と銅拍子(どうびょうし)2名が舞台に着座し、笛1名と謡い手は幕内に位置する。諸曲は式舞、神舞(かみまい)、荒舞、女舞、武士舞、それに狂言から構成され、最後に権現舞(ごんげんまい)で終わる。中世芸能のおもかげを映す、洗練された舞を伝えている。国指定の重要無形民俗文化財(1976)。

[高山 茂]

 2009年(平成21)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

早池峰神楽
(岩手県花巻市大迫町)
無形文化遺産」指定の地域遺産。
花巻市大迫町の大償(おおつぐない)・岳(たけ)の2地区に伝承される神楽。早池峰山を霊山として信仰した山伏によって演じられたが、明治以降、一般の人々が伝承し、早池峰神社の8月1日の祭礼などに演じられる。重要無形民俗文化財(民俗芸能:神楽)

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早池峰神楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早池峰神楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation