@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

早鞆ノ瀬戸【はやとものせと】

世界大百科事典 第2版

はやとものせと【早鞆ノ瀬戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

早鞆ノ瀬戸
はやとものせと

関門(かんもん)海峡東端、北九州市門司(もじ)区和布刈(めかり)と下関(しものせき)市壇之浦(だんのうら)間の最狭部の水道。幅は約630メートルしかなく、最高潮流8ノットを超える関門海峡中最大の難所である。この下を1958年(昭和33)関門国道トンネルが開通、九州と本州を結ぶ幹線交通路となったが、交通量の増加に伴い1973年には東洋一の関門橋が、1975年には山陽新幹線が新関門トンネルにより開通、交通の大動脈を形成している。源平合戦や幕末の馬関(ばかん)戦争の古戦場として知られ、門司の和布刈公園および下関の火の山(ひのやま)からの瀬戸の眺望はすばらしく、瀬戸内海国立公園に指定されている。

[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早鞆ノ瀬戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

早鞆ノ瀬戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation