@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旭硝子(株)【あさひがらす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

旭硝子(株)
あさひがらす
世界的にも屈指の生産規模を誇る日本の板ガラスのトップメーカー。1907年(明治40)岩崎弥太郎(やたろう)の甥(おい)にあたる岩崎俊弥(としや)(1881―1930)が設立。活発な技術導入や技術革新、設備拡張により、1937年(昭和12)には企業1社の板ガラス生産高で世界第1位となった。ソーダ事業や耐火煉瓦(れんが)事業に取り組み、第二次世界大戦前には中国東北、華北、朝鮮半島に進出した。1944年日本化成工業に合併され三菱(みつびし)化成工業と改称。第二次世界大戦後、1950年(昭和25)の旧三菱化成工業の3社分割により、ふたたび旭硝子として新発足した。板ガラスを中心に原料であるソーダ事業や塩素系化学品の分野に展開し、テレビのブラウン管用管球ガラスではとくに高い技術力をもつ。最近は、フッ素などのハロゲンを用いた化学品やセラミックス製品の開発に力を入れている。第二次世界大戦後も東南アジアやアメリカに積極的に海外進出。1990年代なかばには、子会社を含めた海外での営業利益が、国内での営業利益を上回るようになった。資本金908億円(2007)、売上高1兆6812億円(2007年。連結ベース)。尼崎、北九州などに工場をもつ。[橘川武郎]
『旭硝子株式会社臨時社史編纂室編『社史 旭硝子株式会社』(1967・旭硝子株式会社) ▽旭硝子株式会社社史編纂室編『旭硝子100年の歩み 伝統・創造・革新』(2007・旭硝子株式会社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旭硝子(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旭硝子(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation