@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

昆明池障子【こんめいちのしょうじ】

世界大百科事典 第2版

こんめいちのしょうじ【昆明池障子】
〈こめいち〉ともいう。禁裏の著名な障屛の一つ。清涼殿の東側の広廂に置かれた衝立。弘徽殿(こきでん)上御局の前,二間(ふたま)とのにあり,荒海障子と向かい合う。高さ6尺(1.8m),幅9尺(2.7m),南面は漢武帝が長安郊外に造った昆明池,北面は嵯峨野の小鷹狩の図で,絹張極彩色,各上部に色紙形(しきしがた)で和歌を書く。嵯峨天皇の弘仁年間(810‐824)に賢聖障子(けんじようのしようじ),荒海障子とともに描かれたのが初めと伝えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こめいちのしょうじ【昆明池障子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

昆明池障子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昆明池障子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation