@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

昌言【しょうげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

昌言
しょうげん
Chang-yan; Ch`ang-yen
中国,後漢末の学者仲長統著書言とは正言直言味で,古今政治,経済,社会を論じ,時世の退廃を嘆じた書。 34編十余万言あったといわれるが,現在はその逸文がわずかに伝えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐げん〔シヤウ‐〕【×昌言】
道理にかなった良い言葉。善言

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐げん シャウ‥【昌言】
(「昌」はよいの意)
[1] 〘名〙 率直に理にかなったことを言うこと。また、そのことば。道理を尽くしたことば。
※五山堂詩話(1807‐16)一「昌言排撃世之偽唐詩」 〔書経‐皐陶謨〕
[2] 中国の儒書。後漢の仲長統撰。書名は理にかない戒めとなることばの意からとり、古今および現在の風俗を論じたもの。もと三六編。のち散逸し「後漢書」「群書治要」などの諸書に断片があり「玉函山房輯佚書」に輯本がある。讜言(とうげん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昌言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昌言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation