@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明器【めいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明器
めいき
ming qi
中国で,副葬品として遺骸とともに埋葬した器具。鬼器,仮器ともいう。死者生前使用していた器具,人物,動物などを模造し,神の器として墳墓に納めた。・周時代のから出土する青銅彝器,およびそれを模造した質の器も明器と考えられ,戦国時代の墓から出土する黒陶俑,陶質の鼎,壺,豆などはすべて明器として専的につくられたものである。漢代明器には彼らの日常生活を示す楼閣井戸,豚舎,鼎,壺などがあり,南北朝の土偶には仏教の影響が認められる。三彩釉を施した写実性のある馬,らくだ,人物などの明器は唐代芸術を代表するもので,唐代の特色を示している。明器の使用は唐代以降,明代を経て近世まで知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めい‐き【明器】
《神明の器の意》中国で、死者とともに墓に納めた器物。死後の世界で用いるため、日用の器物を木や泥・陶磁などで模したもの。代から代にかけて盛行。→泥象(でいしょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいき【明器 míng qì】
死者に添えて墳墓に納める葬具の一種。器物の外見のみをかたどり実用にたえない品物を,中国では明器と呼んだ。先秦時代の古典でしばしば言及され,現実生活で用いる正器,祭器に対して貌器(ぼうき)(形をかたどるもの),鬼器(死者のための器)と理解され,凶器,蔵器,秘器などとも呼ばれ,現代の中国考古学でも踏襲されている。明器は時代によって内容構成と表現方法を異にしながら,(よう)とともに副葬品として古代から明・清時代まで長く行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明器
めいき

神明の器の意味で、中国で墓やそれの付属施設に入れるための土、木、玉、石、銅でつくった仮器。人物、動物の場合を俑(よう)という。殷(いん)・周時代の銅武器の、玉や石による模倣や、殉死代用の人物俑、動物俑の製作に始まった。戦国時代には銅、陶、木製の俑葬がみられる。秦(しん)の始皇帝陵の兵馬俑坑出土の加彩武人・馬は硬い表現であるが、実物大でリアルさがあり、明器の画期をなす。漢代には加彩陶質灰陶や緑釉(りょくゆう)で騎兵、男女俑、牛、羊、楼閣、家屋、農舎、水田、貯水池、倉、竈(そう)(かまど)、井戸、家畜小屋、雑技俑など豊富な題材の明器がつくられる。北朝には漢の伝統を引いた緑釉、黒褐釉の騎兵、武士、ラクダ、鎮墓獣が盛行し、南朝には青磁の鼓吹儀仗(ぎじょう)俑などが盛行する。唐代には三彩の馬、騎馬、ラクダ、女子、神将、鎮墓獣や加彩貼金(てんきん)騎兵が現れ、明器の圧巻を迎える。明器は明(みん)時代まで続くが、紙製明器の流行によって陶俑は衰退する。

[下條信行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めい‐き【明器】
〘名〙
① (「明」は死者を神明にするの意) 中国で死者とともに埋葬した器物。死者が生前使用していた器具や動物などの模型を木・泥・陶器・金属などで特製し、墓中に副葬した。唐以降は次第に衰退。
※性霊集‐四(835頃)為酒人内公主遺言「明器雑物一従省約。此吾之願也」 〔儀礼‐既夕礼〕
② 中国の殷周時代に諸侯が王室から受け、子孫に伝えたとされる宝器の一種。日本では天皇の位の象徴であった三種の神器。また、そのように尊い器物。
※太平記(14C後)二七「さても三種の神器を本朝の宝として神代より伝る璽(しるし)、国を理(おさめ)守るも此神器也。是は伝るを以て詮とす。然るに今の王者此明器を伝る事無て位を践御座(ふみおはします)事、誠に王位共申し難し」 〔春秋左伝‐昭公一五年〕
③ すぐれた人物。
※滝口入道(1894)〈高山樗牛〉三二「御父重盛卿は智仁勇の三徳を具へられし古今の明器(メイキ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

明器
めいき
中国で死者とともに墓中に埋めた生活用具などの模造品
土製のほか,木・石・角・銅製もあり,人物を俑 (よう) という。殷 (いん) 代にすでに行われ,漢以後は井戸・かまど・門・家屋など種類がふえ,唐代には陶磁器発達に伴ってより写実化し,三彩釉を使ったものもある。宋・元以後は衰退した。20世紀初頭,洛陽付近で鉄道敷設工事中に多数発見され,芸術品として多く海外に流出した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation