@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明文【メイブン】

デジタル大辞泉

めい‐ぶん【明文】
はっきりと規定されてある条文
わかりやすくの通った文章

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

めいぶん【明文】
文章にはっきり書き表すこと。また、その文章。
筋のとおった文。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あかし‐ぶみ【明文】
〘名〙 神仏の前で述べる誓いの文。願文(がんもん)
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「御あかし文など書きたる心ばへなど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐ぶん【明文】
〘名〙
① 法典などに明らかに定めてある条文。めいもん。〔令義解(833)〕
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉二「其前条に別に明文を掲げて之を規定せり」 〔漢書‐王莽伝上〕
② (━する) 筋道が明らかに通った文章を書くこと。また、理がよく通り、意味が明白である文章を書くこと。また、その文。
※殉死(1967)〈司馬遼太郎〉要塞「自分の屈辱をこのように明文して奏上する勇気と醇気は」 〔班固‐典引〕
③ すぐれた詩文。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞序〈大江匡衡〉「択墨客於鳳筆、皆瑩夜月之明文矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation