@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明智【あけち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明智
あけち
岐阜県南東部,恵那市南西部の旧町域。矢作川の上流域,美濃三河高原のゆるやかな丘陵地にある。 1954年明知町と静波村が合体して明智町が成立。 1955年三濃村の一部と吉田村を編入。 2004年恵那市,岩村町,山岡町,串原村,上矢作町と合体して恵那市となった。旗本遠山氏の城下町として発展。明治期は養蚕業の中心地であったが,現在は丘陵南斜面の陶土に恵まれて耐火煉瓦タイル,輸出用食器を産し,材木,寒天の集散地明智城址は千畳敷公園となっている。 1984年,大正期の家並みや建物を整備した日本大正村が開村した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あけち【明智】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐ち【明×智】
すぐれた知恵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

明智
あけち

岐阜県南東部、恵那郡(えなぐん)にあった旧町名(明智町(ちょう))。現在は恵那市の南西部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行の明知(あけち)町が、1954年(昭和29)静波(しずなみ)村と合併して明智町と改称。翌1955年吉田村を編入。2004年(平成16)恵那市に合併。中心地は、矢作川の支流、明智川沿いに開け、明知鉄道、国道363号が通じる。江戸時代には旗本遠山氏の陣屋が置かれ、中馬(ちゅうま)街道の宿場として栄えた。いまは付近の商工業の中心地で、陶磁器、耐火れんがなどの生産がおもなもの。農業は稲作を中心に野菜栽培が盛ん。また、明智光秀(みつひで)にちなむ伝説地が各所にある。バスが瑞浪(みずなみ)市に通じ、瑞浪方面と関係が深い。

[上島正徳]

『『明智町誌』(1960・明智町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あけち【明智】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐ち【明智】
〘名〙 すぐれた知恵。
※経国集(827)一〇・扈従聖徳宮寺〈淡海三船〉「尋智開明智、求仁得至仁
※大観本謡曲・藍染川(室町末)「明才衆に越え、明智世に勝れ」 〔管子‐法法〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明智」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明智の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation