@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明暗【めいあん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明暗
めいあん
夏目漱石長編小説。 1916年『朝日新聞』に連載未完。夫婦,親子,兄弟,叔父従姉妹,上司,友人などというさまざまな人間関係が描かれ,物語は金銭をめぐる肉親確執,みえ,夫の過去を疑う妻の疑心暗鬼を軸に展開する。作者によって未完に終ったが,平凡な日常生活にひそむ我執の種々相をえぐって,近代を浴びた人間性の深層浮彫りにする。日本の近代文学が到達しえたリアリズム小説最高峰である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めい‐あん【明暗】
明るいことと暗いこと。転じて、物事の明るい面と暗い面。成功と失敗、幸と不幸など。「人生の明暗」「明暗を分ける」
絵画・写真などで、色の濃淡や明るさ・暗さの対照。「明暗をはっきりさせ立体感を出す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいあん【明暗】[書名]
夏目漱石の小説。大正5年(1916)発表。主人公津田由雄と妻お延の不安定な家庭生活を中心に、人間のエゴイズムを鋭く追求した作品。作者の死により未完に終わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいあん【明暗】
夏目漱石の最後の長編小説。1916年(大正5)5~12月,東京・大阪の《朝日新聞》に連載。17年岩波書店刊。作者の死により未完。この作で漱石は,それまでの小説とは違った描き方をしている。《こゝろ》までは何らかの観念によって小説を造形してきたが,《明暗》では日常生活における主人公津田夫妻をはじめとする人間たちの我執の姿を,あたうかぎり多角的に,相対的認識極限にまで追求した。平凡な日常生活の奥に秘められた人間の“我執”の角突き合う修羅場を,拡大鏡で眺めるように,微細に描いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

めいあん【明暗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明暗
めいあん

夏目漱石(そうせき)の長編小説。1916年(大正5)5月26日から12月14日まで、東京・大阪の『朝日新聞』に連載され、作者の死によって中絶した。翌年1月、岩波書店刊。会社員の津田は清子との過去を隠して結婚したが、夫の秘密を疑うお延(のぶ)は人のもの笑いになるのを恐れている。嫂(あによめ)の虚栄を憎む妹のお秀は、入院費用のくめんをめぐって兄と争い、友人の小林は津田の「余裕」を攻撃し、いずれ「事実」に罰せられると予言する。夫婦、兄妹、愛人、友人、親族、上役と下僚などありふれた人間関係を網の目のように布置し、我執を脱しえない凡俗の葛藤(かっとう)と愛憎が執拗(しつよう)に描かれる。小説は津田が清子と再会した場面で中絶した。日常心理の稠密(ちゅうみつ)な描写を重ねて人間性の底知れぬ深淵(しんえん)を彷彿(ほうふつ)するが、「私」を超える救済の方向はまだみえてこない。本格的な客観小説の骨格を備えた重厚な力作。

[三好行雄]

『『明暗』(岩波文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』『三好行雄著『鴎外と漱石』(1983・力富書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あけ‐ぐれ【明暗】
〘名〙 夜が明けきる前の、まだ薄暗い時分。
※万葉(8C後)四・五〇九「吾妹子に 恋ひつつ居れば 明晩(あけぐれ)の 朝霧隠(ごも)り 鳴く鶴(たづ)の ねのみし泣かゆ」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「のどかならず立ち出づるあけぐれ、秋の空よりも、心づくしなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐あん【明暗】
[1] 〘名〙
① 明るいことと暗いこと。
※作文大体(1108頃か)「第一色対〈略〉明暗、高下、浅深、遠近等之類」
※太平記(14C後)三〇「猶日月の明暗(アン)を心に任せず」 〔漢書‐劉向伝〕
② 転じて、喜ばしいことと悲しいこと。幸と不幸。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉I「経営技術の適・不適が企業の明暗をわけている」
③ 絵画・写真などで色の濃淡・強弱や明るさの度合。
※開化の良人(1919)〈芥川龍之介〉「図どりが中々巧妙ぢゃありませんか。その上明暗も相当に面白く出来てゐるやうです」
[2] 小説。夏目漱石作。大正五年(一九一六)発表。自惚と嫉妬の虚飾に満ちた人間模様を、津田とお延夫婦を中心に精密な心理解剖を通して描く。作者の死により未完に終わる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明暗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明暗の関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ブロッホフサインアロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation