@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明月記【めいげつき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明月記
めいげつき
鎌倉時代前期の歌人藤原定家の日記。若干の部分を除いて,漢文体で記されている。現存するものは治承4 (1180) 年2月 19歳のときから,嘉禎1 (1235) 年 74歳のときまで 56年間の記事で,その間にも欠く年がある。しかし,子為家の消息によれば,最晩年の仁治年間 (40~43) の日記もあったらしい。『熊野御幸記』のように独立して存するもの,『明月記略』 (『明月記抄出歌道事』) のように後人により抄出されて行われたものもある。一部は自筆本巻子本として,または断簡として現存する。作歌活動,古典研究など,文化的記事に富み,故実典礼の記事も詳しく,政情世相風俗もよく写されている。文化人定家の偽らざる現実生活の記録として興味深いだけでなく,平安時代末から鎌倉時代へかけての史料として,きわめて貴重である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めいげつき【明月記】
鎌倉時代、藤原定家の漢文体日記。治承4~嘉禎元年(1180~1235)までの公事・故事・歌道に関する見聞などを記し、史料としての価値が高い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいげつき【明月記】
藤原定家の漢文日記。別名《照光記》。原本には19歳に達した治承4年(1180)以降,仁治2年(1241)の死去直前までの分があったが,諸伝本では嘉禎1年(1235)までの56年間分が伝存,自筆本も冷泉家相伝の56巻をはじめ諸所に分蔵されている。日記は有職(ゆうそく)方面記述にとどまらず,重代の歌人として御子左家(みこひだりけ)を継承,新古今時代を開花させ,晩年古典の書写校勘にはげんだ文学者定家の行動と情念を克明に記録,さらに政治生活,経済生活,家庭生活にも及んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいげつき【明月記】
藤原定家の準漢文体日記。現存は1180~1235年の56年間にわたる。定家の和歌・歌学をはじめ、当時の宮中の政治動静を知る上での重要な資料。照光記。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

明月記
めいげつき
藤原定家(ていか)の日記で「照光記」ともいう。現存は、1180年(治承4)の18歳から1235年(嘉禎1)74歳までの56年間の日次(ひなみ)日記。途中欠脱もあるが、原本の多くが冷泉(れいぜい)家時雨(しぐれ)亭文庫に現存する。冷泉家に残る譲状(ゆずりじょう)によると、仁治(にんじ)年間(1240~43)まで記されたのであった。また、『明月記』の引用は嘉禎(かてい)4年の記事まである。時雨亭文庫現蔵は、1192年(建久3)~1233年(天福1)までの54巻(途中欠脱年あり)で、そのほか諸文庫にも伝存する。定家の生活や個性を知る最大の資料であるほか、歌壇の動きや詠歌事情、『新古今集』撰修(せんしゅう)の実状が詳細に記され、晩年に多くの古典書写をしたその実態が知られる。また、鎌倉初期の公家(くげ)の政争や生活、ときには庶民社会の記事を含んでいて注目される。[有吉 保]
『辻彦三郎著『藤原定家明月記の研究』(1977・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいげつき【明月記】
鎌倉初期、藤原定家の漢文体日記。治承四年(一一八〇)から嘉禎元年(一二三五)に至る記事が現存するが、途中かなり脱落がある。もとは、定家の最晩年までの記事があったらしい。公武関係の事柄や和歌・典礼故実について詳細に記されており、史料的価値はきわめて高い。照光記ともいう。自筆本の大部分が冷泉家時雨亭文庫蔵。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

明月記
めいげつき
鎌倉時代の歌人藤原定家の日記
『照光記』ともいう。異本が多いが,国書刊行会本には1180〜1235年間の記録がおさめられている。朝廷の政権争い・公武関係・歌道・人情風俗などの記述があり,鎌倉前期の重要史料の一つ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明月記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明月記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation