@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明月【メイゲツ】

デジタル大辞泉

めい‐げつ【明月】
曇りなく澄みわたった満月。また、名月 秋》「―や無筆なれども酒は呑む/漱石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

明月 めいげつ
1727-1797 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)12年8月15日生まれ。真宗大谷派。伊予(いよ)松山の円光寺住職。京坂で徂徠学をまなび,宇佐美淡斎らを指導。書家としても名があり,逸話がおおかった。寛政9年7月23日死去。71歳。周防(すおう)(山口県)出身。法名は明逸(みょういつ)。(あざな)は曇寧。別号に化物園主人。著作に「扶桑樹伝」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

めいげつ【明月】
宮崎の芋焼酎。酒名は、えびの高原に群生する赤松にかかる満月に由来し、人々の心が満月のように明るく円満であるようにという願いを込めて命名原料はさつま芋、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「明石酒造」は明治24年(1891)創業所在地はえびの市大字栗下。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

明月
宮崎県、明石酒造株式会社が製造・販売する芋焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいげつ【明月】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

明月 (メイゲツ)
植物。ハウチワカエデの園芸名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あくる【明】 月(つき)
次の月。翌月。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めい‐げつ【明月】
〘名〙
① 晴れた夜の月。くもりなく澄みわたった満月。また、名月。《季・秋》
※懐風藻(751)秋夜宴山池〈境部王〉「忘帰待明月、何憂夜漏深」 〔班婕妤‐怨歌行〕
② 香木の名。分類は伽羅(きゃら)。香味は辛酸。また、六十一種名香の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明月」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明月の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation