@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明正天皇【めいしょうてんのう】

美術人名辞典

明正天皇
第百九代天皇女帝は興子。父は後水尾天皇、母は二代将軍秀忠の娘東福門院和子。紫衣事件春日局の天皇拝謁事件による後水尾天皇の譲位にともない、8才で即位。900年絶えていた女帝となる。在位14年で弟紹仁親王(後光明天皇)に譲位。譲位後は徳川幕府より毎年五千石の貢米が献上された。元禄9年(1696)崩御、74才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

めいしょう‐てんのう〔メイシヤウテンワウ〕【明正天皇】
[1624~1696]第109代天皇。在位1629~1643。名は興子。後水尾天皇の第2皇女。母は徳川秀忠の娘和子。紫衣(しえ)事件によって後水尾天皇が譲位、7歳で践祚(せんそ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

明正天皇 めいしょうてんのう
1624*-1696 江戸時代前期,第109代天皇。在位1629-43。
元和(げんな)9年11月19日生まれ。後水尾天皇の第2皇女。母は徳川和子(東福門院)。父の譲位により7歳で即位。父が院政をおこなう。称徳天皇以来の女帝で,将軍徳川秀忠の孫。21歳で異母弟の後光明天皇に譲位。元禄(げんろく)9年11月10日死去。74歳。奈良時代の女帝元明(げんめい)・元正(げんしょう)天皇から各1字をとって諡(おくりな)とされた。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は女一宮。諱(いみな)は興子(おきこ)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

明正天皇 みょうしょうてんのう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

めいしょうてんのう【明正天皇】
1623‐96(元和9‐元禄9)
第109代に数えられる天皇。在位1629‐43年。名は興子(おきこ)。後水尾天皇の第2皇女,母は皇后和子(徳川秀忠の女東福門院),幼称を女一宮という。1629年(寛永6)10月内親王宣下,ついで11月父天皇の譲りをうけて践祚した。この譲位は,紫衣(しえ)事件などに見られるような幕府の干渉に反発してにわかに強行されたもので,ときに皇位を継ぐべき皇子は早世し,嫡出の第1皇女である天皇がしばらく皇位を継承することとなったのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいしょうてんのう【明正天皇】
1623~1696 第一〇九代天皇(在位1629~1643)。名は興子。後水尾天皇第二皇女。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明正天皇
めいしょうてんのう
[生]元和9(1623).11.19. 京都
[没]元禄9(1696).11.10. 京都
第 109代天皇 (在位 1629~43) 。女帝。後水尾天皇の第2皇女。母は徳川秀忠の娘中宮和子 (東福門院) 。名,興子。後水尾天皇が江戸幕府の干渉,圧迫によって譲位したため,寛永6 (29) 年践祚,同7年9月即位。同 20年位を皇弟後光明天皇に譲り,太上天皇となった。明正の名は元明,元正2帝の諡字から定めたもの。陵墓は京都市東山区の月輪陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

明正天皇
めいしょうてんのう
(1623―1696)
皇室系譜に109代とされる女帝(在位1629~43)。名を興子といい、後水尾(ごみずのお)天皇の第二皇女として生まれる。母は徳川秀忠(ひでただ)の娘東福門院和子(かずこ)。1629年(寛永6)、紫衣(しえ)事件に代表されるような多年にわたる幕府の干渉や圧迫に抗議して、病身を理由に後水尾天皇が突然譲位した。皇子が早世のため、わずか7歳で践祚(せんそ)、翌30年9月12日に即位した。幼少でもあり政務の実権は父の上皇にあったが、900年ぶりの女帝が再現された。在位14年ののち弟の後光明(ごこうみょう)天皇に譲位した。御陵は京都市東山区今熊野泉山町月輪(つきのわ)陵。[佐々悦久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

明正天皇 (めいしょうてんのう)
生年月日:1623年11月19日
江戸時代前期;中期の第109代の天皇
1696年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいしょう‐てんのう メイシャウテンワウ【明正天皇】
第一〇九代天皇。後水尾天皇の皇女。名は興(おき)子。母は東福門院和子(徳川秀忠の女)。紫衣事件による朝幕関係の悪化で、寛永六年(一六二九)後水尾天皇譲位のあと、七歳で践祚。在位一四年で皇弟後光明天皇に譲位し、太上天皇の尊号を受けた。御陵は京都市の月輪陵(つきのわのみささぎ)。元和九~元祿九年(一六二三‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明正天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明正天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation