@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明治14年の政変【めいじじゅうよねんのせいへん】

世界大百科事典 第2版

めいじじゅうよねんのせいへん【明治14年の政変】
明治14年(1881)10月,薩長藩閥政府の専制的な体制を固め,天皇制立憲国家への道を確定した政変。その具体的内容としては,(1)開拓使官有物払下げの中止,(2)10年後の国会開設の公約,(3)参議大隈重信一派の追放などがあげられる。 1879年末から翌年にかけて,伊藤博文,井上馨以下の諸参議は憲法意見書を奏上していた。そのころ,自由民権運動もしだいにその基盤を広げるとともに,80年3月の第4回愛国社の大会を国会期成同盟へと改組し,国会開設を運動の主要目標にしはじめていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

明治14年の政変」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明治14年の政変の関連情報

関連キーワード

アレクサンドルアレクサンドル都市気候農商務省ブラジル文学ルノアール(Pierre-Auguste Renoir)おもなお雇い外国人ジェームズAガーフィールドイリ条約日本鉄道

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation