@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明法博士【みょうぼうのはかせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明法博士
みょうぼうのはかせ
奈良時代におかれた律令格式を教授する官職名。唐の国子監に設置された律学博士に相応する。奈良・平安時代における明法博士には,最も優秀な人物が選抜され,帰化系氏族に属する人々が多かった。これは彼らが幼時から漢籍に親しみ,律令を理解しやすかったからと思われる。奈良・平安時代を通じて,明法博士の職掌は次第に拡張され,朝廷において随時開かれる律令講書会の講師をつとめ,また朝廷,権門の諮問に応じて,『明法勘文』という擬律の書を提出することなども含まれるにいたった。さらにこの職と兼ねて検非違使の次・判官,刑部省大判事,勘解由使などの勢官に任じられる者が相次ぎ,その権威はきわめて高いものとなった。明法博士にして刑部省大判事を兼ねる者がこの職の極官と考えられた。平安末以降,学問世襲化の現象に伴い博士の職も,中原,坂上両家の世職となり,この職は「明法道之極官」とされたが,依然としてその職をうることはむずかしく,非器,すなわち無能な者はたとえ嫡系であっても除目の席上で排除されることがあった。近世にあっては,上記両家の支流,町口・勢多・平田などの諸家が,これに任じられたが,その学識ははなはだしく低下し,講義にたえないほどになった。しかし,なお本官を帯びる者をもって,法学の最高権威者とする考えは明治初年まで続き,江戸時代においても明法勘文の提出は形式的には行われていた。最後の明法博士は,明治の後半,『古事類苑』の編纂に関係した勢多章甫

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうぼうはかせ【明法博士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みょうぼうはかせ【明法博士】
明法道の教官の長。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょうぼう‐はかせ ミャウバフ‥【明法博士】
〘名〙
① 大宝元年(七〇一)大宝律令の周知徹底のため、国家が諸地方に派遣した臨時の官。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月戊申「遣明法博士於六道〈除西海道〉講新令
② 大学寮の明法課程の教官。また、大宰府に博士と並んで置かれた教官。
※九条公爵家旧蔵延喜式裏文書‐宝亀四年(773)三月九日・大政官符案「田三町 右明法博士従七位下山田造県麻呂料」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいほう‐はかせ メイハフ‥【明法博士】
〘名〙 =みょうぼうはかせ(明法博士)〔運歩色葉(1548)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みょうぼう‐はかせ〔ミヤウバフ‐〕【明法博士】
明法道教官。平安中期以降は、坂上・中原両家の世襲となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明法博士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明法博士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation