@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明法道【みょうぼうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明法道
みょうぼうどう
制の大学寮における4学科の一つ。大宝令では独立の科ではなかったが,試験科目としては明法の1科も存在した。天平2 (730) 年律学博士 (のち明法博士と改められた) 2,学生 10名がおかれ,大学寮の学科四道の一つとなった。平安時代中期以降,文章道 (もんじょうどう) の隆盛に相反して,法を学ぶものが少くなり大学におけるそれは衰退していった。しかし,鎌倉時代初期から明 (あき) または章 (のり) の名をもつ坂上,中原両家の一族が明法博士を世襲し,両家の家学となり,戦国以降中原系の勢多,坂上系の町口両家がこれを継承した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みょうぼう‐どう〔ミヤウバフダウ〕【明法道】
律令制大学寮での四道の一。律・令・格・式など法律学を学ぶ学科。奈良中期に明経道から独立して新設

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうぼうどう【明法道】
律令制下,大学寮に設けられた4学科の一つ。大宝令制では経学(のち明経(みようぎよう)道)が本科であり,法(律令)の学である明法はまだ学科となっていなかった。しかし728年(神亀5)の律学博士設置をうけて,730年(天平2)には博士2名,学生10名が創設されて明法が学科として独立し,さらに802年(延暦21)には学生10名が増員された。8世紀中葉から9世紀中葉にいたる時期は,大陸からの継受法たる律令の咀嚼(そしやく)・吸収の時期であり,明法道も一時隆盛に向かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明法道
みょうぼうどう

大学寮の一学科で、律令(りつりょう)の研究、教授を行った。教官を明法博士(はかせ)、学生(がくしょう)を明法生と称するが、令の規定にはみえず、728年(神亀5)に教官2、学生10を置いた。令制に明法道の教科書はみえないが、学生は律と令とを学んだと思われ、『延喜式(えんぎしき)』では律を大経、令を小経に准じ講説すると規定している。

 明法道出身者を試験する明法試は律令10条を問い、義理に識達し問われて疑滞なきものを通とし、全通を甲、8以上通を乙とし、位階を与えた。明法道出身者は多く刑部(ぎょうぶ)省、弾正台(だんじょうだい)、衛門府(えもんふ)などの官人に採用され、専門知識を生かした。法律知識を有する官人への需要は多く、802年(延暦21)には明法生の定員が20人に加増されている。ただし刑獄を扱うことから上級貴族にして明法道に学ぶものは少なく、教官、学生ともに卑姓出身者で占められた。律令を習得した明法生が明法試を受けるのが令規であるが、10世紀後半になると明経得業生(とくごうしょう)ないし准得業生の宣旨(せんじ)を受けたもののみが明法試を奉ずるようになった。9世紀から11世紀にかけて讃岐(さぬき)氏や惟宗(これむね)氏から卓越した明法家が輩出したが、11世紀末になると坂上(さかのうえ)、中原両氏が明法博士家として固定し世襲となった。

[森田 悌]

『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

明法道
みょうぼうどう
律令制度下の大学で律令を講究する学科
令では特に規定はないが,730年独立。平安初期に盛んになったが,中期以降文章(紀伝)道が盛んとなり貴族の必修教養になるにつれて衰えた。12世紀ころから中原・坂上 (さかのうえ) 氏の家学となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょうぼう‐どう ミャウバフダウ【明法道】
〘名〙 =みょうぼう(明法)④⑤⑥〔職原鈔(1340)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めいほう‐どう メイハフダウ【明法道】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明法道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明法道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation