@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明烏【あけがらす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

明烏(浄瑠璃新内節)
あけがらす
浄瑠璃(じょうるり)新内節、およびこれをもとにした音曲、戯曲などの題名。新内節の本名題は『明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)』で、1772年(安永1)初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)作詞・作曲。3年前(明和6)に江戸・三河島で吉原蔦屋(つたや)の遊女三吉野と浅草蔵前伊勢屋(いせや)伊之助(幕府の御賄方(おまかないかた)伊藤家の息子ともいう)が情死した事件を、山名屋浦里(やまなやうらざと)と春日屋(かすがや)時次郎の情話として脚色したもの。哀調を帯びた曲と内容が江戸市中の人気を集め、新内節の代表曲となった。その流行に影響され、他の音曲にも多くつくられたが、なかでも有名なのは清元の『明烏花濡衣(はなのぬれぎぬ)』。1851年(嘉永4)2月江戸・市村座で8世市川団十郎の時次郎と初世坂東しうかの浦里により劇化上演されたときの浄瑠璃で、作詞は3世桜田治助。その脚本は後世に残り、時次郎に操を立てる浦里が、雪中でやり手に折檻(せっかん)される「雪責め」が見せ場である。ほかに常磐津(ときわず)の『明烏夢泡雪』、義太夫(ぎだゆう)の『明烏六花曙(ゆきのあけぼの)』、富本の『明烏写一筆(ちょっとひとふで)』などがあり、また小説では滝亭鯉丈(りゅうていりじょう)、為永春水(ためながしゅんすい)ら作の『明烏後正夢(のちのまさゆめ)』(1819~1824)が新内「明烏」の後日談で、人情本の最初の作品として知られている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明烏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明烏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation