@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明石縮【あかしちぢみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明石縮
あかしちぢみ
単に明石ともいう。和服用絹織物一種。撚 (よ) りをかけた生糸で織るが,特に緯糸を強くひねってあるのが特色織物感触がさらりとし,清涼感を伝える。女性用の高級夏物生地。寛文年間 (1661~73) に明石の人堀将俊が創始したというが,確かではない。京都府西陣,新潟県十日町などで生産された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あかし‐ちぢみ【石縮】
縮の織物。に生糸、横に右縒(よ)りの強い練り糸を用いた、女性の夏の高級着尺(きじゃく)地。寛文年間(1661~1673)堀次郎将俊(まさとし)(明石次郎)が明石で始めたという。現在は、京都西陣・新潟十日町の産。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかしちぢみ【明石縮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あかし‐ちぢみ【明石縮】
〘名〙 経(たていと)に生糸、緯(よこいと)に右撚(よ)りの強い練り糸を用いて平織りとし、織り縮ませた高級な薄織物。無地、縞、絣(かすり)などがあり、さらさらしている。女性の夏の高級着尺地。寛文年間(一六六一‐七三)、堀将俊(明石次郎)が創製したという。現在は、京都市西陣、新潟県十日町市の特産。あかし。
※俳諧・雑巾(1681)夏「明石縮夏をしぞ思ふ櫃がくれ〈口楽〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

明石縮
あかしちじみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
享保13.2(京・市山助五郎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明石縮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明石縮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation