@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明礬【ミョウバン】

デジタル大辞泉

みょう‐ばん〔ミヤウ‐〕【明×礬】
カリウムアンモニウムナトリウムなどの一価イオン硫酸塩と、アルミニウムクロムなどの三価イオン硫酸塩とが化合した複塩総称硫酸カリウム硫酸アルミニウムとが化合したカリ明礬KAl(SO42・12H2Oが古くから知られ、これをさすことが多い。いずれも正八面体の結晶をつくり、水に溶ける。媒染剤・皮なめし・製紙や浄水場の沈殿剤など用途が広い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょう‐ばん ミャウ‥【明礬】
〘名〙 硫酸アルミニウムとナトリウムやカリウムなどのアルカリ金属、アンモニウム、タリウムなどの硫酸塩との複塩の総称。特に硫酸カリウムとの複塩のカリウム明礬を明礬と呼ぶことが多い。無色透明の正八面体結晶。熱すると結晶水を失って白色粉末の焼明礬になる。水によく溶け、溶液は弱酸性で、収斂(しゅうれん)性がある。皮のなめし、止血剤、媒染剤、製紙などに用いられる。〔いろは字(1559)〕
※評判記・秘伝書(1655頃)なみだのひしよの事「なきたきときは、〈略〉そでぐちに、みゃうばんをぬり、袖にてぬくへば、そのまま、なみだたるもの也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明礬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明礬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation