@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明衡往来【めいごうおうらい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

明衡往来
めいごうおうらい
往来物一種。3巻。『雲州消息』『雲州往来』ともいう。藤原明衡著といわれ,平安時代後期の成立。各巻それぞれ,正月から月ごとに当時のおもに貴族間の進状と返状とをあげている。江戸時代まで文例集,習字手本として広く用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めいごうおうらい〔メイガウワウライ〕【明衡往来】
平安後期の往来物。2巻または3巻。藤原明衡(ふじわらのあきひら)著。成立年未詳。漢文で書かれた男子用の書簡文例集。現存の往来物では最古。雲州消息。雲州往来。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいごうおうらい【明衡往来】
現存する日本最初の模範書簡文例集。3巻。平安時代の漢文学者藤原明衡(あきひら)の。明衡が出雲守であったので《雲州消息》《雲州往来》などともよばれる。各巻1月から月を追って進状とそれに対する返状とが並べ掲げられ,当時の都人の日常生活,恒例や臨時の儀式や年中行事をはじめ遊覧や宴会などに関する内容が多い。中国における〈書儀〉の類の影響によると思われるが,わが国のもっとも古い往来物として価値は大きい。往来物【川口 久雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

明衡往来
めいごうおうらい

平安時代の書簡文および教科書。三巻または二巻。藤原明衡(あきひら)著。成立年未詳。『雲州消息(うんしゅうしょうそく)』『明衡消息』『雲州往来』などともよばれるが(往来は書簡文例をいい、消息は手紙そのものをいう)、後人の命名であろう。諸本により内容配列を異にするが、群書類従本では211通の消息を上中下三巻に分かち、さらにそれぞれを本末に分かち、各巻にほぼ正月より月を追って進状とそれに対する返状とを並べて掲げる。当時の貴族の日常生活、つまり恒例や臨時の儀式法会(ほうえ)、民間の年中行事から任官恪勤(かくご)や荘園(しょうえん)および遊覧宴会、また品物の贈与貸借などに関するものが多い。明衡没後の書簡も含まれるが、往来物の祖として実用および啓蒙(けいもう)の点で貴重な文献である。

[大曽根章介]

『石川謙著『古往来についての研究』(1949・講談社)』『三保忠夫・三保サトコ編著『雲州往来、研究と総索引』(1982・和泉書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めいごうおうらい メイガウワウライ【明衡往来】
平安後期の往来物。二または三巻。藤原明衡(あきひら)著と伝えられる。一一世紀中頃の成立。寛永一九年(一六四二)刊。男子用の手紙文例集。廷臣生活に必要な内容を変体漢文でつづり、進状と返状を並列する。典拠の明らかな故事成語を多く用い、日常生活に欠かせない事象や文字を学ぶための教科書の役割をもっていた。現存最古の往来物で、後の規範となった。雲州往来。雲州消息。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

明衡往来
めいこうおうらい
平安時代,藤原明衡 (あきひら) の著した往来物
『雲州消息』ともいう。11世紀の成立。2巻本と3巻本がある。現存最古の往来物で,正月から12月までの進書・返書を200余通集めた男子用の模範手紙集。文例集・手習い本として江戸時代まで使用された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明衡往来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明衡往来の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation