@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

明順応【メイジュンノウ】

デジタル大辞泉

めい‐じゅんのう〔‐ジュンオウ〕【明順応】
暗い所から急に明るい所に出たとき、まぶしさがしだいに薄れ、明るさ慣れて物が見えるようになること。⇔暗順応

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいじゅんのう【明順応】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいじゅんのう【明順応】
暗い所から急に明るい所に移ったとき、最初はまぶしさを感じるがしばらくすると物体を明確に認知できるようになる現象。暗順応に比べ、一般に速やか。 ⇔ 暗順応明暗順応

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

明順応
めいじゅんのう
暗いところから明るいところに出たときの明るさに慣れる状態をいい、暗順応の対語。両者の順応時間には著しい差があり、暗順応が10~30分かかるのに対して明順応では、室内の明かりで約40秒、野外の日光でも1、2分間である。これは、暗いところで働く桿体(かんたい)視細胞に対し、明るいところで働く錐体(すいたい)視細胞がすぐに働きだすからである。色覚異常の一色覚や錐体機能不全症では、錐体視細胞の働きが悪いため明順応がおこりにくく、たいへんまぶしく、視力も不良となる。[大島 崇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明順応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

明順応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation