@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

易田【えきでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

易田
えきでん
平安時代,土地がやせているため1年もしくは何年か休耕して地味を養う必要のある令制では班田にあたって,田の場合は普通の田の2倍の面積を支給し,その2分の1のを徴収する規定であった。しかしのちの『延喜式』では,不輸租田となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えき‐でん【易田】
古代、土地がやせていて、1年おきにしか耕作できなかった田地口分田として給される場合は、2倍の面積が与えられた。やくでん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やく‐でん【易田】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えきでん【易田】
中国古代の休閑耕作地で,易地,轅(えん)田,(えん)田などとも書かれる。《周礼(しゆらい)》大司徒に〈不易の地は家ごとに百畝,一易の地は二百畝,三易の地は三百畝〉とあるのをはじめ,《左氏伝》《国語》はが爰田(轅田)を作ったことを伝え,《漢書》地理志には商鞅(しようおう)が轅田を制したという。中古の均田制においても支給する穀田が休耕を要するやせ地の場合は,一易なら倍給,再易なら3倍面積給与の規定であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やくでん【易田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

えき‐でん【易田】
〘名〙 古代、地味がやせているため一年おきにしか耕作できない田。口分田として給付される場合は二倍の面積が与えられる。
※令集解(701)田「古記云。易田。謂一年作種。一年不種。所以倍給。合二年。分一年作種也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やく‐でん【易田】
〘名〙 令制で、地味がやせて耕作に適さないため、一年おきにしか耕作できない田。えきでん。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

易田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

易田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation