@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

星野哲郎【ホシノテツロウ】

デジタル大辞泉

ほしの‐てつろう〔‐テツラウ〕【星野哲郎】
[1925~2010]作詞家。山口の生まれ。本姓、有近(ありちか)。雑誌に投稿したが「チャイナ波止場」としてレコード化され作詞家デビュー。その後、「黄色いサクランボ」「函館(はこだて)の女(ひと)」「アンコ椿(つばき)はの花」「三百六十五歩のマーチ」など、多くのヒット曲の作詞を手がけた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

星野哲郎 ほしの-てつろう
1925-2010 昭和後期-平成時代の作詞家。
大正14年9月30日生まれ。漁船員を病気でやめ,闘病中の昭和27年雑誌「平凡」への投稿詞が「チャイナ波止場」としてレコード化される。34年の「黄色いさくらんぼ」につづき,「アンコ椿は恋の花」「函館の女(ひと)」「昔の名前で出ています」などのヒットを生む。平成8年日本作詞家協会会長。平成22年11月15日死去。85歳。山口県出身。高等商船(現・東京商船大)卒。本名は有近哲郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

星野哲郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

星野哲郎の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助新生児黄疸[各個指定]工芸技術部門加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)限界集落

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation