@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

映写機【えいしゃき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

映写機
えいしゃき
motion-picture projector
撮影したシネフィルム映写するための機器。フィルムのサイズにより8ミリ映写機,16ミリ映写機,35ミリ映写機,70ミリ映写機などがある。8ミリ映写機はアマチュア用が主であったが,近年ビデオにその座を奪われている。一般的には焦点距離 10~25mmのズーム式映写レンズを備え,低電圧光源を用いている。縁に磁気録音用のコーティングをしてフィルムに録音再生する装置を備えたサウンド映写機もある。標準映写速度毎秒 18コマ。 16ミリ映写機は教育用が多く,録音再生装置を備え,毎秒 18あるいは 24コマの速度で映写する。 35ミリ映写機,70ミリ映写機は劇場用が中心で,毎秒 24コマの速度で映写し,録音再生装置が組込まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいしゃ‐き【映写機】
映画・スライドなどの画像を、光源やレンズなどを使ってスクリーンに拡大して映す機械

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

えいしゃき【映写機】
映画・スライドを映す機械。強い光源とレンズの働きにより、フィルムの画像をスクリーン上に拡大して映し出すもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

映写機
えいしゃき
projector
映画やビデオ映像をスクリーンなどに投影するために用いる装置。映画の最初期では、映写機はカメラと同一のものであった。同時にカメラはネガ・フィルムからポジ・フィルムへの焼付機の役割も果たしていた。
 映画用映写機は光源とシャッター、レンズとフィルム送出装置から構成されている。サイレント(無声)映画の時代はカメラ同様、手回しによる映写機も存在したが、トーキー(発声映画)になってからは、一定速度でフィルムが送られるモーター駆動になっている。その機構はカメラと同様で、一コマ分のフィルムがレンズ前に送られるとシャッターが開き、フィルム上に記録されている映像が光源からの光によってスクリーンに映写される。そしてシャッターが閉じると新たに一コマ分のフィルムがレンズ前に送り出される。映写機はこの間欠駆動による行為を繰り返しているのである。トーキー用の映写機には、サウンド・ヘッドsound headとよばれる、フィルム上に記録された音声情報を再生するための装置も備えている。[江口 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいしゃ‐き【映写機】
〘名〙 映画、幻灯などのフィルムの画像を、光源やレンズを使ってスクリーンに拡大映写する機械。
※思ひ出(1933)〈太宰治〉一「その映写機のフルムから発火して大事になったらどうしよう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

映写機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

映写機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation