@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春の七草【はるのななくさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

春の七草
はるのななくさ
七草」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はる‐の‐ななくさ【春の七草】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はるのななくさ【春の七草】
正月7日に7種の草を入れたかゆを食べて健康を祈念した年中行事がいつごろから始まったものかは定かでないが,その七草がゆに入れられる若菜を春の七草という。古く短歌の形に詠まれた7種がセリ,ナズナ,ゴギョウ,ハコベラ,ホトケノザ,スズナスズシロであるが,これらのうち,ゴギョウはハハコグサ,ハコベラはハコベ,ホトケノザは現在この名で呼ばれているものではなくてタビラコ,スズナはカブ,スズシロはダイコンであるが,正月7日に使った若菜は時代や場所によって必ずしも一定しなかったようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はるのななくさ【春の七草】
正月七日の七草粥がゆに入れる若菜。セリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(タビラコ)・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン)の七種。 [季] 新年。 → 秋の七草

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

春の七草
はるのななくさ
正月7日の「七草粥(がゆ)」の中に入れる7種の野草。秋の七草が観賞を目的としたものであるのに対し、春の七草では食用とされる植物が選ばれている。緑の乏しい寒中にとって食べ、邪気を払い、縁起を祝った中国の古い風習が日本にも伝えられ、春の七草になったといわれる。時代によっては12種のこともあったといわれるが、現在では、鎌倉時代の『河海抄(かかいしょう)』にみえる「芹(せり) なづな 御行(おぎょう) はくべら 仏座(ほとけのざ) すずな すずしろ これぞ七種(ななくさ)」の歌に詠み込まれている7種類が春の七草とされる。なお一般には、御行は「ごぎょう」、はくべらは「はこべら」と呼び習わされている。この七草をいまの植物名に当てはめると、芹=セリ(セリ科)、なづな=ナズナ(アブラナ科)、御行=ハハコグサ(キク科)、はくべら=ハコベ(ナデシコ科)、仏座=コオニタビラコ(キク科)、すずな=カブ(アブラナ科)、すずしろ=ダイコン(アブラナ科)となる。[杉山明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はる【春】 の 七草(ななくさ)
正月七日に摘んで、七草がゆに入れる七種の若菜。芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべ)、仏座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)の称。⇔秋の七草
[語誌](1)秋の七草が観賞の対象であるのに対し、春の七草は七草粥の食材である。正月七日に若菜を粥に入れて食べる習慣は、延喜年間頃に始まるらしい。新春の若菜の生命力にあやかって、これを摘んだり食べたりする習俗は古来からすでにあった。
(2)中国、梁の宗懍の「荊楚歳時記」には正月七日、人日に、災厄を払い、不老長寿を願って、七種の菜の羹を服するという記事がある。七草粥の習俗は、この中国の行事の影響の下、日本古来の風習が淵源となって広まったものと思われる。
(3)七草の種類は時代や土地により一定せず、「壒嚢鈔‐一」(一四四五‐四六)には「せりなつな五形たひらく仏の座あしなみみなし是や七種」とあり、御伽草子「七草草紙」には「芹、薺、御形、たびらこ、仏の座、すずな、すずしろ」が見えるが、天明四年(一七八四)の「やしなひぐさ‐前編」には現在も知られる「せりなづな五ぎゃうはこべら仏のざ、すずなすずしろこれぞ七くさ」という歌がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春の七草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春の七草の関連情報

他サービスで検索

「春の七草」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation