@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春の日【はるのひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

春の日
はるのひ
江戸時代中期の俳諧撰集。山本荷兮 (かけい) 編。1巻。貞享3 (1686) 年刊。『俳諧七部集』の一集で,『冬の日』に次ぐもの。尾張国の俳人が中心で,松尾芭蕉が一座した連句がなく,発句も2しかとられていないが,『阿羅野』の芭蕉序文により,『冬の日』の続編として芭蕉指導のもとに成ったとみることができる。俳風は平板であるが,穏やかで,蕉風志向を暗示する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はるのひ【春の日】
江戸前期の俳諧集。1冊。山本荷兮(やまもとかけい)編。貞享3年(1686)刊。蕉門連句発句を集めたもの。俳諧七部集の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はるのひ【春の日】
俳諧撰集。荷兮(かけい)編。1686年(貞享3)8月下旬刊。1冊。題簽(だいせん)には〈波留濃日〉とある。〈春めくや人さまざまの伊勢まいり〉(荷兮),〈なら坂や畑(はた)うつ山の八重ざくら〉(旦藁),〈(かわず)のみききてゆゆしき寝覚かな〉(野水)をそれぞれ発句とする歌仙3巻と,〈山吹のあぶなき岨(そま)のくづれ哉〉(越人)を発句とする表六句,さらに諸家の発句58句を収める。発句数の多い作者は越人(9句),荷兮(8句),重五・杜国(各5句)らであり,芭蕉の句は〈古池や蛙飛び込む水の音〉をはじめ,3句収められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

春の日
はるのひ

俳諧撰集(はいかいせんしゅう)。一冊。荷兮(かけい)編。題簽(だいせん)「波留濃日 全」。1686年(貞享3)刊。「俳諧七部集」の第二集。尾張(おわり)俳人荷兮、野水(やすい)、越人(えつじん)、旦藁(たんこう)らによって興行された歌仙三巻、追加表合(おもてあわせ)1、および同地方諸家の四季発句(ほっく)58句を収録する。本書は『冬の日』の続編たる性格をもち、所収の連句はいずれも春季の興行だが、連句には芭蕉(ばしょう)は一座せず、発句の部に「古池や蛙(かはづ)飛こむ水のをと」など三句が入集(にっしゅう)するにすぎない。連句、発句ともに、『冬の日』よりはるかに平易で穏健なものになっており、それだけに詩的緊張感は少ない。

[雲英末雄]

『中村俊定校注『芭蕉七部集』(岩波文庫)』『幸田露伴著『評釈春の日』(1946・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はる【春】 の 日(ひ)
春の時節の一日。しゅんじつ。《季・春》
※万葉(8C後)九・一七四〇「春日(はるのひ)の 霞めるときに 住の江の 岸に出で居て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春の日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春の日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation