@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春山行夫【ハルヤマユキオ】

デジタル大辞泉

はるやま‐ゆきお〔‐ゆきを〕【春山行夫】
[1902~1994]詩人評論家愛知の生まれ。本名、市橋渉(わたる)。上京して雑誌「詩と詩論」を創刊詩集月の出る町」「植物の断面」、評論詩の研究」「文学評論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

春山行夫 はるやま-ゆきお
1902-1994 昭和-平成時代の詩人,評論家。
明治35年7月1日生まれ。昭和3年厚生閣にはいり「詩と詩論」創刊に参加,海外のあたらしい文芸思潮を紹介。のち「セルパン」「新領土」などの編集を手がける。戦後は「雄鶏(おんどり)通信」の編集,文化史研究,百科事典の監修などで知られた。平成6年10月10日死去。92歳。愛知県出身。名古屋市立商業中退。本名は市橋渉(わたる)。詩集に「植物の断面」,著作に「新しき詩論」「花の文化史」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はるやまゆきお【春山行夫】
1902‐94(明治35‐平成6)
詩人,評論家,ジャーナリスト,文化史家。名古屋市生れ。本名市橋渉。名古屋時代から詩人として活動し,1924年上京。28年厚生閣書店の雑誌《詩と詩論》の編集を担当,海外新文学の紹介に貢献する一方,みずからも詩人・詩論家として当時のモダニズム文学隆盛に大きな影響力を発揮した。のち第一書房の雑誌《セルパン》,さらに戦前最後の前衛詩誌《新領土》の編集に当たる。当時の主著に《詩の研究》(1931),《ジョイス中心の文学運動》(1933)がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

春山行夫
はるやまゆきお
(1902―1994)

詩人、批評家、ジャーナリスト、文化史家。本名市橋渉(わたる)。名古屋市生まれ。名古屋市立商業中退。夜学で英語を学ぶ。1928年(昭和3)9月『詩と詩論』を創刊。自ら企画した『現代の芸術と批評叢書(そうしょ)』全23巻(1929.4~32.7)をはじめ、『二十世紀英文学の新運動』(1933)、『文学評論』(1934)でモダニズム文学の史的形成に主導的役割を果たした。『植物の断面』(1929)でフォルマリスムの詩的実験を試み、『詩の研究』(1931)、『新しき詩論』(1940)で欧米の詩的思考や方法論を紹介。『セルパン』『詩法』『新領土』『雄鶏(おんどり)通信』など、つねに世界的同時性で現代文化の美と思想の運命を洞察する編集理念は高く評価される。第二次世界大戦後は独自の文化哲学の実践形態として、『花の文化史』『ビール文化史』『おしゃれの文化史』『西洋雑学案内』『万国博』などを刊行。訳書に『フランス現代文学の思想的対立』(R・ミショオ原著、1937)がある。

[千葉宣一]

『小島輝正著『春山行夫ノート』(1980・蜘蛛出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春山行夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春山行夫の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドー隈研吾アンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation