@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春日権現験記【カスガゴンゲンケンキ】

デジタル大辞泉

かすがごんげんけんき【春日権現験記】
鎌倉時代の代表的絵巻物。絹本着色。全20巻。目録1巻。春日大社創建の由来と数々の霊験とを描く。目録によれば、絵は高階隆兼(たかしなたかかね)が描き、西園寺公衡(さいおんじきんひら)の発願延慶2年(1309)春日大社に奉納された。稠密(ちゅうみつ)華麗な画風大和絵の一頂点を示す。春日権現霊験記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かすがごんげんげんき【春日権現験記】
藤原氏の氏神である春日大社の由来と数々の霊験譚を描いた絵巻。20巻。御物。付属の目録奥書によって,1309年(延慶2)に西園寺公衡(きんひら)が春日明神加護による藤原氏一門の繁栄を祈願するため春日大社に奉納したこと,絵は宮廷の絵所預(えどころあずかり)高階隆兼(たかしなたかかね)が描き,詞書を公衡の,覚円法印が起草して前関白鷹司基忠とその子息3人が書き写したことが知られる。絵巻としては珍しく絹本を用い,保存もきわめて良く,鎌倉後期の社寺縁起絵巻の代表作といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

春日権現験記
かすがごんげんけんき
鎌倉後期の絵巻物
20巻,目録1巻。御物。1309年西園寺公衡 (きんひら) が春日権現に納めたもの。絵は高階隆兼 (たかしなたかかね) ,詞書 (ことばがき) は前関白鷹司基忠らによる。藤原氏の氏神である春日明神の霊験奇瑞を描いたもので,謹厳な筆致細部に至るまで丹念に描かれ,濃厚な色彩とあいまって当時の代表作とされる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日権現験記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春日権現験記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation