@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春日詣【かすがもうで】

世界大百科事典 第2版

かすがもうで【春日詣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かすが‐もうで ‥まうで【春日詣】
〘名〙 奈良の春日大社に参詣すること。特に藤原氏の氏長者(うじのちょうじゃ)が詣でること。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「伏し沈み、病になりてありしを、殿のかすがまうでに、辛うじて起きあがりたりしに」
[語誌](1)春日大社は藤原氏の氏神であり、藤原氏の氏長者がたびたび参詣した。参詣は威儀を正し、華美を極めたもので、「中右記」には、嘉承元年(一一〇六)一二月一六日に忠実が参詣した模様が詳細に記録されている。
(2)文学の舞台としては、「宇津保物語‐春日詣」で、源正頼が母方が藤原氏である縁で、子息・婿たちを伴って春日大社に参詣する場面を描く。
(3)「日本紀略」によると、永祚元年(九八九)一条天皇の春日大社行幸があるが、これ以後、行幸・御幸などもしばしばあった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日詣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春日詣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation