@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春永【ハルナガ】

デジタル大辞泉

はる‐なが【春永】

㋐日が長く感じられる春の季節。
「そこにはいつものどかな―の空気があった」〈寅彦・亮の追憶〉
㋑特に年始に、末永いことを祝う語。 新年》「―といふやことばのかざり縄/立圃」
《いずれ春の日の長い季節になったらの意から》いつかひまな時。多く「はるながに」の形で副詞的に用いる。
「(返済ハ)いずれ―にと云う事になって」〈百閒・特別阿房列車〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はるなが【春永】
春の、日の長く感じられること。ながい春の日。また、祝意を込めて新春・正月のことをいう。
(多く「春永に」の形で副詞的に用いて)いずれゆっくりした時。いずれまた、日を改めて。 てめえの話は-に聞かう/洒落本・通人の寝言

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はる‐なが【春永】
〘名〙
① 昼間の長い春の季節。多く年の初めを末長くと祝っていう語。日なが。永日。永陽。《季・新年‐春》
※俳諧・犬子集(1633)一「春永といふやことばのかざり縄〈親重〉」
② (多く「に」を伴って副詞的に用いる。春の、日の長い季候になったらの意から) いつかひまな時。またの機会。
※天理本狂言・米市(室町末‐近世初)「我人、いそがわしい時分じゃ、いんではるながに、おりゃれと云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春永」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春永の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation