@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春色辰巳園【シュンショクタツミノソノ】

デジタル大辞泉

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】
人情本。4編12冊。為永春水作。天保4~6年(1833~35)刊。「春色梅児誉美」の続編で、米八と仇吉の恋争いと和解とを描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】
人情本。為永春水作,歌川国直画。初編1833年(天保4),2編34年,3・4編35年刊。全4編12冊。丹次郎をめぐる米八・仇吉の恋の達引きをテーマとした《春色梅児誉美(しゆんしよくうめごよみ)》の続編である。深川の料理屋で落ち合った米八と仇吉は情人丹次郎のことで争うが,ある日仇吉と丹次郎とが忍び逢っているのを米八に目撃され,2人は大喧嘩となる。そののち仇吉は病気になり,高利貸に苦しめられるが,恋敵の米八が救ってやったことから姉妹のように睦まじくなり,正妻のお長と米八,仇吉の3人は,丹次郎を大切に仲よく暮らす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】
人情本。四編一二冊。為永春水作。歌川国直画。天保四~六年(一八三三‐三五)刊。「春色梅児誉美」の後続作品。「いき」「はり」を具体化する登場人物の行為の中で、春水独特の人情描写を行なう。「春色梅児誉美」と並ぶ、人情本の傑作の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

春色辰巳園
しゅんしょく たつみのその
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
勝諺蔵(3代) ほか
初演
大正4.2(東京・明治座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春色辰巳園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春色辰巳園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation