@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

春風駘蕩【シュンプウタイトウ】

デジタル大辞泉

しゅんぷう‐たいとう〔‐タイタウ〕【春風××蕩】
[ト・タル][文][形動タリ]
春風がのどかに吹くさま。「春風駘蕩たる穏やかな日和」
物事に動じないで余裕のあるさま。ゆったりとのんびりしているさま。「春風駘蕩たる大人(たいじん)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅんぷう‐たいとう ‥タイタウ【春風駘蕩】
〘形動タリ〙 春の風ののどかに吹くさま。また、人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二三「陽艷三月、春風駘蕩(シュンプウタイタウ)の調に移ったのに」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「春風駘蕩としてゐて起居動作が日常と少しも変ってゐなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

春風駘蕩
春の風ののどかに吹くさま。また、人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。

[活用] ―たる・―として。

[使用例] 春風駘蕩、桜花まさに開かんとす。夜銀座におもむく。散策の人織るがごとし[永井荷風*断腸亭日乗|1927]

[使用例] 容貌もごつく、学生を馬鹿呼ばわりして口が悪かったが、からだ全体に春風駘蕩たる風格を漂わせ、どこに居てもすぐ目につくような人であった[島尾敏雄*湾内の入江で|1982]

[使用例] こうしてみると、ホワースの牧師館の人々は、故国アイルランドの窮乏とはまるきり関係なく、春風駘蕩たる空気のなかにあったように見える[松本清張*過ぎゆく日暦|1990]

[解説] 「春風駘蕩たる○○」の形でよく使います。例文の[湾内の入江で]が典型的です。ここでは、海軍予備学生の指導官である少佐の様子を「春風駘蕩たる(=温和な)風格」と表現しています。
 「春風」というなじみ深い文字に、「駘蕩」という難しい文字が続く成語です。辞書では「駘蕩」は「のどかな様子」「穏やかな様子」と説明しますが、どうしてそうなるのでしょう。
 実は、漢字の意味はあまり考えなくてかまいません。「駘蕩」は、のどかさ、穏やかさを表すオノマトペ(擬態語)で、漢字は音を表しているだけです。
 「駘」も「蕩」も、最初の子音が同じ(現代中国語ではd音)で、頭韻を踏んでいます。こういう熟語は、そうせいと言って、よくオノマトペとして使われます。
 もっとも、漢字の意味がまったく無関係とまでは言えません。「駘」はのろい馬の意味、「蕩」はゆらゆら広がる意味などでも使われます。春風ののどかな様子と通じる部分もあります。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春風駘蕩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

春風駘蕩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation