@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

昨日は今日の物語【きのうはきょうのものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

昨日は今日の物語
きのうはきょうのものがたり
仮名草子咄本 (はなしぼん) 。作者未詳。寛永初年成立か。諸本により話数に違いがあるが,約 140話前後。戦国乱世の笑話を書きとめたもので,猥雑なも多数含まれる。文体口語体で,当時の読者には親しみやすかったものか,よく売れたらしい。古活字本をはじめ多種の諸本がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きのうはきょうのものがたり【昨日は今日の物語】
江戸初期の噺本。作者不明。1615年ころ(元和年間)刊。古活字本2巻。《戯言養気集》と同じころに出版されたものだが,《戯言養気集》よりこの本の方がよく読まれ,版を重ねた。のちの《醒睡笑》などの噺本に影響が大きく,江戸時代の噺本また笑話本,小咄落語と言うべきである。版本によって話の増減があるが,だいたい70話近くの滑稽な話を集めている。話の結語が〈といふた〉〈とほめられた〉といった口語体になっているのが特徴だが,食物や性に関する卑わいな話が多く,また僧侶の堕落ぶり,洒落,狂歌の話もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

昨日は今日の物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昨日は今日の物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation