@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

昭和電工(株)【しょうわでんこう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

昭和電工(株)
しょうわでんこう
芙蓉(ふよう)系の大手総合化学会社。1939年(昭和14)、ともに森矗昶(のぶてる)が社長をしていた日本電気工業と昭和肥料が対等合併して設立された。第二次世界大戦前の森コンツェルンの中核企業。日本電気工業の前身日本沃度(ようど)は1926年(大正15)創業。ヨード等を生産していたが、日本初のアルミニウムの工業化に成功して1934年(昭和9)に日本電気工業と改称した。昭和肥料は1928年創業。余剰電力を利用して、国産技術東京工業試験所法による硫安製造に携わった。昭和電工として新発足後は、時局の要請でアルミニウム生産が社業の中心となった。第二次世界大戦後は石油化学にも進出。昭和油化、徳山石油化学などの関係会社を設立して、ポリエチレン、ポリプロピレン、酢酸ビニルなどの製造を開始した。1969年(昭和44)には大分県鶴崎(つるさき)地区に総合石油化学コンビナートを建設。グループ各社が種々の石油化学製品を生産している。いわゆる新潟水俣(みなまた)病裁判では損害賠償を認めた第一審判決に服した。1979年昭和油化と、99年(平成11)徳山石油化学と合併。2001年には昭和アルミニウムと合併している。ファイン新素材に積極的に取り組んでいる。資本金1219億円(2008)、売上高7096億円(2007)。川崎、大町(長野県)などに工場をもつ。[橘川武郎]
『昭和電工株式会社社史編集室編『昭和電工五十年史』(1977・昭和電工株式会社) ▽麻島昭一・大塩武著『昭和電工成立史の研究』(1997・日本経済評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昭和電工(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

昭和電工(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation