@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

時空世界【じくうせかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

時空世界
じくうせかい
world of space and time
物理現象はその発生の時刻および空間的位置を指定することにより記述されるが,これは一次元の時間座標と三次元の空間座標とをもつ四次元空間中の1点を指定することと同等である。この四次元空間を時空世界といい,この空間の点を世界点という。物理現象が時間的,空間的に変動するときに世界点が時空世界に描く軌道世界線という。古くは,空間座標と時間座標とは独立と考えられていた。しかし,特殊相対性理論ではこれらは互いに独立でなくローレンツ変換によって互いに移りうるので,四次元の時空世界は物理現象を記述するのに本質的なものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じくう‐せかい【時空世界】
〘名〙 三次元の世界に第四次元として時間を加え、空間と時間をまとめて考えた世界。ヘルマン=ミンコフスキーが導入したもので、相対性理論ではこの世界を基本として議論をすすめる。四次元世界。四次元空間。ミンコフスキーの時空(世界)。〔自然科学的世界像(1938)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時空世界」の用語解説はコトバンクが提供しています。

時空世界の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation