@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

時角【じかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

時角
じかく
hour angle
天球上において,天体と天の極を通る大円が観測者の子午線 (天の極と天頂を通る大円) となす角。子午線から西向きにはかる。通常,角度または時間によって示す。この時間は,天体が南中してからの経過時間にほぼ等しい。赤経αの位置にある天体の時角は,地方恒星時 θ の時刻において θ -αで与えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐かく【時角】
天球上で、天の両極を通る大円(時圏)が、天の子午線となす角。子午線を零時とし、角度を時間の単位に換算して、西回りに24時まで数える。15度で1時。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じかく【時角 hour angle】
星などの天体が日周運動で子午線を通過後に進行した角度をいう。厳密には子午線と時圏(天体と天の北極とを結ぶ大円)とが天の北極で交わる角度として定義され,天頂から西向きに測る(図)。これを360度を24時とする時,分,の単位で測ると,時角はそのまま天体の南中後の経過時間を表すことになる。とくに太陽の場合,時角はその観測地点での午後の時刻と一致する,すなわち太陽の時角に12時を加えると太陽時が与えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

時角
じかく

地上から見ると、すべての天体は日周運動により天の両極を中心に約1日に1回転の割合で回転しているが、一般に天測による時刻はこの回転角で与えられるわけであり、この意味でこの回転角を「時角」とよぶ。正確には、観測者の天頂を含む子午線半大円を天体が通過した後の進行角(すなわち子午線半大円から西向きに測った、天体を含む時圏半大円の角度)である。太陽の時角は「太陽時」(プラス12時)を与え、また赤経0度の恒星(あるいは春分点)の時角は「恒星時」を与える。このため、時角は1回転を24時とする「時分秒」の単位で表される。

[中嶋浩一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐かく【時角】
〘名〙 天球上で、ある天体と天の極とを結ぶ大円(時圏)が、天頂と天の極を通る大円(子午線)との間につくる角。子午線を基線として西向きに時間の単位で測る。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

時角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation