@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

晩期出血【ばんきしゅっけつ】

家庭医学館

ばんきしゅっけつ【晩期出血 Late Puerperal Bleeding】
[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)後、長期間経過していても、子宮から出血する危険性がありますが、分娩が終わって24時間以降におこる性器出血を、晩期出血といいます。
[原因]
 子宮内に胎盤(たいばん)などが残っているとき、つまり子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)(「子宮復古不全」)にともなっておこる場合と、気づかれずにそのままとなった裂傷血腫(けっしゅ)、腫瘍(しゅよう)(子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、悪性腫瘍)、子宮内反(しきゅうないはん)(子宮の内側と外側が反転してしまう状態)、全身性の血液疾患などがあっておこる場合があります。
[治療]
 まず、子宮収縮剤を使用します。それでも止血しないときは、感染を助長させないために、産後5~7日目に子宮内掻爬(そうは)(子宮内容物の除去手術)が行なわれます。ただし、出血量の多いときには、ただちに子宮内掻爬術が行なわれます。
 そのほかの原因で出血がある場合は、それぞれに適した治療が行なわれます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

晩期出血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

晩期出血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation