@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

晩発効果【ばんぱつこうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

晩発効果
ばんぱつこうか
late effect
放射線による生物学的効果のうち,被ばく後かなりの期間を経てその症状が現れるもの。たとえば,白内障などは数十年の潜伏期間を経て初めてその症状が現れることがある。これに対して造血器官障害などは被ばく直後に発生し,急性障害といわれる。晩発効果には発生のしきい値が存在しないとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばんぱつこうか【晩発効果】
放射線に被曝後、数年から数十年という長い年月を経て症状が現れる放射線障害。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晩発効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

晩発効果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation