@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

普化【ふけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

普化
ふけ
Pu-hua
[生]?
[没]咸通1(860)
中国,唐の禅僧。普化宗の祖師。馬祖道一の系統に属し,臨済義玄と交遊があった。生涯遊行した奇行僧として知られる。尺八の吹奏を禅の至上のものとした日本の虚無僧はこの系統である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふけ【普化】
[?~860]中国、代の禅僧普化宗開祖馬祖道一(ばそどういつ)の法を継ぎ、諸国を遊行した。→普化忌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふけ【普化】
唐代の禅僧。南岳の門下。盤山宝積の嗣。奇僧で、常に手に一鐸を持し、人を見る度に振り歩いたという。普化宗の祖。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

普化の関連情報

関連キーワード

テイラー・スウィフトギリシャの債務危機赤崎水曜日郵便局インドの廃貨宣言光海軍工廠空襲と岩国空襲キャンプ人口の増加八丁みそ築地市場横浜ベイブリッジ公設派遣村

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation