@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

普通預金【ふつうよきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

普通預金
ふつうよきん
ordinary deposit
顧客が自由に預け入れ,払出しのできる預金で,要求払預金一種。きわめて簡便であるから一般大衆の家計用・貯蓄用の預金として,あるいは当座預金取引のない中小企業が営業用出納預金として広く利用しており,大企業が一時的な余裕資金を運用するために使うこともある。また近年行われるようになった給与振込制度や各種公共料金の支払いをするための口座振替などにもこの普通預金口座が利用されている。またこの普通預金には利用者の便宜を考慮して同一金融機関の本支店全店で預け入れ,払戻しができるもの (全店払普通預金) ,さらにカードを利用して提携金融機関とも取引できるものがあり,またこの普通預金を基本にして定期預金,口座振替,貸付など総合的に利用できる総合口座も普及している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふつう‐よきん【普通預金】
いつでも自由に預け入れや払い戻しができる預金。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふつうよきん【普通預金】
銀行預金の一種。要求払預金の典型的なもので,いつでも,いくらでも自由に預入れ,払出しができる。そのため,利率は無利息の当座預金を除き最も低くなっている。個人は給料振込み受皿,公共料金,クレジット代金の引落し口座等として,財布がわりに幅広く利用し,企業は売上代金の入金,仕入代金の支払口座等として利用している。預入れは銀行の店頭,または機械で,全店どこでも可能である。払出しは上記のほかに,オンライン提携のある銀行間では,他行の機械でも可能となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふつうよきん【普通預金】
常時、預金の出し入れができる銀行預金。利子は定期預金より低い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

普通預金
ふつうよきん
ordinary deposit
預入れや払戻しが自由な流動性の高い、典型的な要求払預金である。1回の預入れごとに各別個の預金債権が成立するのではなく、継続的な取引契約としての性質を有している。最低預入れ金額は1円以上で、利息は付利預金中もっとも低いが、決済用預金はペイオフ対象外で全額保護されるため、普通預金口座を特約により無利息とし、「決済用普通預金」または「普通預金無利息型(決済用預金)」とすることも行われている。
 普通預金には、通常の有通帳型普通預金のほかに無通帳型普通預金がある。有通帳型普通預金、無通帳型普通預金のどちらもが、「普通預金」、「普通預金無利息型(決済用預金)」の両方を取り扱い可能である。
 有通帳型普通預金では、通帳と届出印による払戻しが、長いこと実施されてきている。しかし、近年では、普通預金の払戻しのほとんどは、現金自動預金支払機(以下ATMという)や現金自動支払機(以下CDという)を使用して、キャッシュカードと暗証番号またはログイン・パスワードにより行われている。
 無通帳型普通預金の取引は、金融機関所定のネットワークに接続できるパーソナルコンピュータ(以下PCという)、携帯電話機、提携金融機関のATMやCDにより行われる。預金の受入れは、ATMからの現金受入れ、内国為替による振込金の受入れ、当該金融機関支店に開設されている他の本人口座からの振替えなどによる。預金の払戻しは、ATMやCDからの現金支払い、PC、携帯電話による当該金融機関または他金融機関の本人または他人宛(あ)ての振込み、公共料金や授業料などの口座振替などにより実施される。
 払戻しの際の本人確認については、暗証番号とキャッシュカードによるほか、指静脈認証、手のひら静脈認証機能などを併用する方法がある。
 付利は、毎日の最終残高1000円以上について付利単位を1円あるいは100円などとして、金融機関所定の普通預金利率、変動金利によって計算のうえ、毎年2回、2月と8月あるいは3月と9月の金融機関所定の日に預金に組み入れるのが通常である。その場合、特約により、決済用についての無利息型普通預金や金融機関によっては残高別金利型普通預金などを利用できることがある。[太田和男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふつう‐よきん【普通預金】
〘名〙 銀行預金の最も基本的な形。低利だが、いつでも自由に預入れや払戻しのできるもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普通預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

普通預金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation